mail to 「福島の女たち」の連絡先は onna100nin★yahoo.co.jp(★を@に変換)です。

2011年10月12日

Q&A(その4)

毎日、たくさんのエントリーをいただき、
ありがとうございます。
勇気凛凛、励まされております。

さて、いただくメールには、

当日の集合場所など、

詳細を教えてください。


というご質問も数多いのですが、
今、当日の詳細は、
実行委員会で話し合っている最中なんです。

当日、女性たちが
たくさんいるところに来てください。


というのが、現段階での答えになります。
すみません。

なお、持参されたらいいのではないかと思うのは、
折りたたみ式の簡易チェアです。
地面に座るのは寒いですし、腰にも負担です。
また、防寒対策も各々お願いいたします。
持ち物につきましても、
追ってお知らせしたいと思います。

◆「福島の女たち」の募集開始記事はこちら
http://onna100nin.seesaa.net/article/228900129.html

posted by おんな100 at 11:30| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

Q&A(その3)

本日のQ&Aは、

男は参加できませんか?

という、うれしいご質問にお答えします。

わたしたちは、
企画の発案と運営を女性だけでスタートしました。
そのため、「世の女性たちに呼びかけたいネ」
ということになってしまいましたが、
「男性お断り!」
という気持ちは微塵もありません。

どうぞ、遠慮なくご参加ください。

「原発いらない」という
同じ願いを持っておられる方なら、
どうぞ一緒に座り込んでください。

多少、居心地悪く感じるかもしれません。
いやいや、逆に女の花園で、
モテモテかもしれませんヨ☆

「女装すれば参加してもいいですか?」
という声も聞こえてきましたが…
そのあたりは、個々の判断と趣味にお任せいたします。

フランス革命では、
「パンをよこせ!」という女たちのベルサイユ行進が、
革命を大きく前進させたと聞きます。
この女たちの10日間の座り込みも、
必ずや、日本のエネルギー革命につながると信じています。

みなさん、一緒につながりましょう!

◆「福島の女たち」の募集開始記事はこちら
http://onna100nin.seesaa.net/article/228900129.html

posted by おんな100 at 11:40| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月07日

Q&A(その2)

続きまして、多いご質問はこれです。

福島県の人、限定ですか?

いえいえ。
当事者であり、放射能被害者であり、
原発立地県住民である福島県の女性たちが、
まずは、原発からの卒業を表明せねばなんに!という気持ちから、
表記を「福島の女たち」とさせていただきましたが、
同じ気持ちの県外の女性たちを排除するものではありません。

県外のみなさまも、どしどしご参加ください。

わたしたちは「福島から100人!」を目標に設定しております。
そのため、県内のみなさんには、
人数把握のためのエントリーをお願いしています。

県外からご参加のみなさんは、自由に参加いただけたらと考え、
申込書はおつけしませんでしたが、
それでも続々メールが入ってきています。
「参加します」「連帯します」「私も叫びます」の言葉に、
とても励まされていますので、
ご一報いただけるととてもうれしいです。
お申し込みを楽しみにお待ちしております。


◆募集開始記事はこちら
http://onna100nin.seesaa.net/article/228900129.html
posted by おんな100 at 10:24| 福島 ☀| Comment(1) | Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする