mail to 「福島の女たち」の連絡先は onna100nin★yahoo.co.jp(★を@に変換)です。

2012年11月23日

「私たちを抜きに、福島のことを決めるな!」IAEA抗議アクションへご参加下さい。

(重複すみません。拡散をお願いします)

★「原発いらない福島の女たち」から全国の、世界中の皆さんへ

女たちはIAEA(国際原子力機関)と政府主催の「原子力安全に関する福島閣僚会議」に抗議し、次のような非暴力アクションを全力で展開します。どうぞ、それぞれの地からつながって下さい。共に行動に参加して下さい。

★スローガン:私たちを抜きに、福島のことを決めるな!

【12月14日(金)】
@県庁前行動&デモ(呼びかけ:原発いらない福島の女たち)
13:30申し入れ&スピーチ
14:00かんしょ踊り
15:00オープニングデモ行進 
A広瀬隆講演会(主催:脱原発福島ネットワーク、ハイロアクション福島原発40年実行委員会)
18:00郡山市労働福祉会館

【12月15日(土)】
@ビッグパレット包囲行動(呼びかけ:原発いらない福島の女たち、他)
午前〜午後 歌・ダイイン・リレートーク・かんしょ踊り、ヴィジー(無言の監視)等、
AIAEAへの申し入れ(主催:フクシマ・アクション・プロジェクト)
B脱原発をめざす首長会議(主催:脱原発をめざす首長会議)
13:00郡山市労働福祉会館
Cフリーステージ&交流会 
18:00ビッグアイ(郡山駅西口駅前)

【12月16日(日)】
@フクシマ・アクション・プロジェクト市民会議(主催:フクシマ・アクション・プロジェクト)
13:00郡山女子大学
Aフリーステージ&交流会 
18:00ビッグアイ(郡山駅西口駅前)

【連絡先】
メール:onna100nin@yahoo.co.jp

(以上は、黒田節子より)
posted by おんな100 at 09:58| 福島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 
 初めまして。
 こう言っては失礼になりますが、東京都知事選挙に立候補される予定の中松義郎氏(ドクター・中松)は当選の目途(めど)が立っていないと思うのですが、東京都知事選挙に立候補されるこの機会に、@ 「『衆議院解散・国民投票制度』の実現で、国民にも衆議院解散権の獲得を!」と、A 「政策の国民投票制度(国会成立法案の拒否権を含む)」の2点に絞(しぼ)って、衆議院総選挙の比例区での供託金のカンパを多くの市民に呼び掛け、それと同時に候補者を公募して選挙戦を戦えば、「入れたい政党がない」と嘆いている人が多いことですし、うまくいけば百数十名以上の大勝をすることも可能だと思うのですが、如何(いかが)でしょうか。
 衆議院総選挙の立候補受付日まで二週間を切りましたが、政策や衆議院解散の国民投票制度実現を掲げて、供託金のカンパを多くの人に呼び掛ければ、比例区の供託金は6百万円ですから、一人当たり1千円のカンパで6千人で一人分の候補者分の供託金を捻出することができますから、6十万人〜1百万人の人が一人当たり1千円のカンパをすれば、比例区の候補者の1百人分〜1百数十人分を捻出することができると思うのですが、如何(いかが)でしょうか。
 
 政策(国会成立の法案の拒否権を含む)や衆議院の解散の国民投票制度があれば、原発再稼働撤回であろうが、TPPであろうが、インフレ目標(インフレターゲット)であろうが、少なくとも、国民の過半数が反対してることでの政策を実施したり、法案が成立することを阻止することは造作ないことになると思うのですが、如何(いかが)でしょうか。
 
 豪華な選挙ポスターを作って掲示しなくても、政策(国会成立の法案の拒否権を含む)や衆議院解散の国民投票制度の実現を選挙公約にすれば、それだけで多くの人が注目し魅了し、それを主張していることでの人や政党に投票すると思うのですが、如何(いかが)でしょうか。
 
 政党名は「国会成立の法案への拒否権を含む国民投票制度の実現(『略称:拒否権』)」にしたら、分かりやすくして、特に略称の『拒否権』はインパクトがある名称で人々の注目を浴びそうだと思うのですが、如何(いかが)でしょうか。
 
 我々一般市民にとって必要な物は、政治家達の判断のみで政治が決まらないようにする国民投票制度の実現ではないのでしょうか。

 中松義郎氏(ドクター・中松)に、@ 「『衆議院解散・国民投票制度』の実現で、国民にも衆議院解散権の獲得を!」と、A 「政策の国民投票制度(国会成立法案の拒否権を含む)」の公約を掲げて衆議院比例区での候補者公募をなさるのであれば、供託金のカンパや投票の呼び掛けの選挙運動をするとの打診をしたらと思うのですが、如何(いかが)でしょうか。(他の候補者は、既成政党と何らかの関係があるので、白紙委任されない国民投票制度の実現の要求は、門前払いで要求すること自体が「時間の無駄だ」だと思うのですが、如何(いかが)でしょうか)
 
Posted by やぁ正樹 at 2012年11月27日 02:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。