mail to 「福島の女たち」の連絡先は onna100nin★yahoo.co.jp(★を@に変換)です。

2011年10月28日

広島・島根からの報告!

広島の女たちから座り込みの報告が届きました。
中国経産局前で延べ45人の女たち、子どもらが集まり、
バナー、のぼり、風船、音楽などにぎやかな飾り付け。
座り込みしながらの昼食の後、
13時から中国経産局と政府への申し入れを行ったそうです。
おつかれさまでした。
ありがとうございました。

DSCN1213.JPG

DSCN1227.JPG

DSCN1254.JPG

また、島根では26日に座り込みを行ったそうです。
「福島の女性の皆さん、連帯するヒロシマの皆さん、
毎日の奮闘本当にご苦労様です。
私たちは一日早く、10月26日(水)、中国電力島根支社前で、
島根原発及び全国の原発の廃炉を訴え、
座り込みを行いました。総勢約30人でした」

報告をくださった松浦さん、ありがとうございました。

posted by おんな100 at 11:36| 福島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 連帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
広島女子さま&島根女子さま、

ブラボ〜〜!!!
みなさまのすばらしい行動に感動です!
本当にお疲れさまでした!!

Posted by ゆきわさ at 2011年10月28日 12:21
29日は、さらに、三条河原町での沖縄行動に参加した。沖縄基地反対をとりくむ仲間の行動です。普天間基地反対辺野古新基地建設反対の訴えを、毎週土曜日行っている仲間です。そこでも、一緒になって全国からたたかう沖縄・福島を支援しよう!と、一緒になって、ビラまきなどの行動を行いました。ここでも、100人の福島の女たちの経産省前座り込み行動は、みんなを熱くしていました。福島の人たちが、佐藤さん、中手さん、陶山さんたちが、沖縄との連帯を求めて訴えを行っており、基地反対、原発反対を共にたたかおうと呼びかけていることは、今、ますます重要になっています。陶山さんが、琉球新報にあるように、「沖縄と福島の問題はとても似ている。今回の事故をきっかけに沖縄の人たちの痛みを改めて痛感した。申し訳ない」と語られたことは、心の底からの連帯の訴えとして、沖縄県民ととともに沖縄基地撤去を取り組む人々に、励ましと、衝撃を与えています。ぜひ、ともに、全国から、たたかう福島と沖縄との連帯を!と、17時30分から18時30分まで、がんばりました。
29日1000人のデモと連帯して行動できて、本当に良かったです。
Posted by 京都生協の働く仲間の会 at 2011年10月30日 22:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック