mail to 「福島の女たち」の連絡先は onna100nin★yahoo.co.jp(★を@に変換)です。

2011年10月07日

なんと、全国の女たちも!!

グッドニュースが飛び込んできました!

すごいですよ!

心臓バクバクです!

すばらしい連帯が始まりました!

聞いて驚いてください!

な、な、なな、なーんと、

全国の女たちが、
福島の女たちに続いて、
10月30日から11月5日まで、
立ち上がり、そして座り込むそうです!


*****以下、転送していただいたメール*****

福島の女たちに続け!
全国緊急アクション 参加者大募集!

「もう、黙ってはいられない!」 
 
全国の女たちが立ち上がり
 
そして、座りこむ!

    
場所: 霞が関、経産省前 
住所: 東京都千代田区霞が関1丁目3−1
日時: 10月30〜11月5日(10〜15時) 
お昼休みだけでも、1日でも、1週間の参加でもOK  

9月22日、ニューヨークの国連首脳会議で、野田総理が
「世界一安全な原発をつくります」と宣言したその外で、
「福島の子どもたちを守れないで、原発に安全を言うのは卑怯だ!
福島人々の苦しみを無駄にしないでください。
世界の原発を止めてください!」と国連前でアピールをした女たち! 
帰りの飛行機のなかで、相談しました。
「福島の女たちに続いて、全国の女たちの座りこみをやろう!」

*********転載ここまで*********


かくして、女たちの連帯は、
連続10日間も続けられ、
脱原発への想いをアピールすることになりました!

◆福島の女たちの募集開始記事はこちら
http://onna100nin.seesaa.net/article/228900129.html

posted by おんな100 at 18:59| 福島 ☁| Comment(19) | 連帯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今 この時に・・・本当に 素晴らしい事です。 何人かで 神戸から 東京に行き 参加したいと思います。
今 変えないと 世の中は このままで 日本は ドンドン 駄目になるだけです!。
参加して 大いに 声を上げたいと思います。 皆さん ありがとう!。
Posted by 守田基師子 at 2011年10月08日 01:30
守田基師子さま

遠くからのご参加ありがとうございます。

どんな世の中にしたいのか、
大いに声をあげてまいりましょう。
よろしくお願いいたします。
Posted by おんな100 at 2011年10月08日 11:30
原発は要りません。
私もずっと唱えて来ました。
参加させてくださいますか?
宜しくお願いいたします。
Posted by 押田じゅんこ at 2011年10月08日 23:52
東海アマさんのツイッターで見てきました。
先週フランスに旅行中、パリのオペラ座周辺でコートジボワールのデモ隊と遭遇しました。
それを見て、私たちもちゃんと意思表示をしなくちゃいけない!と痛感しました。
今回は絶対参加します。友達にも声をかけてみます。
みんなで食べられるように、パンやクッキー焼いて持っていきます。
Posted by 田口美奈子 at 2011年10月09日 16:35
寒くなってきました。どうぞ皆さん体調崩さないようにご自愛ください。

そしてもう一つ。。原発をなくす。。。ということの本質を忘れないでください。

座り込みに行く前に、電力会社に電話して自分の家の電力を30ペア以下にすること、これも、原発いりません。。。のアピールです。

それから、参加者の中にはご主人が何らかの形で原発に関わる仕事をされている方もたくさんいるはずなんです。東芝、日立、三菱、だけでなく多くの下請け。座りこむ前に、ご主人に、仕事をやめてくださいといわなければならない。これも、原発をなくすということです。

いろんなアクションが生まれる中で、本質が見失われてつつあります。
この2つのことをきちんとした上で初めて「私は原発に頼らずに生きていけます。」と声を上げることができることをどうぞ忘れないでください。

女たちのヒステリックな行動と言われないために本質的な行動がまず必要です。

奥さんが体を張って脱原発を叫んで、だんなさんが出勤して原発プラントを作っている。。。というのが今の現状です。
まずそこを変えましょう。
その覚悟がなければ、やはり私たちは原発なしでは生きていけないのです。

がんばりましょう。
Posted by 勿忘草2 at 2011年10月09日 16:49
原発を止めたければメガバンクから預金を引き出す作戦を!詳しくは @Bu_uuu さんの

デモより簡単! 
twitlonger.com/show/dc696q
をご覧下さい
Posted by at 2011年10月09日 18:35
原発止めるより、除染させる方が先決かと。
Posted by at 2011年10月09日 20:41
ブログ管理人です。

勿忘草2さま

アドバイスありがとうございます。
言葉の一つひとつに、
頷きながら読ませていただきました。

本質的な行動と覚悟、
次回の実行委員会でテーマにして話し合ってみようと思います。
Posted by おんな100 at 2011年10月09日 21:59
NO!原発!
私は、関西のデモに参加しますね。
一緒にがんばりましょう。
思い思いに作った
”原発いらないぞ人形”乗せた、
ベビーカーで、強いママ達が、
国会議事堂や
原発推進のアメリカ大使館!を取り囲むのも、
すてきだと思います。
日本人が本当に怒っているという
意思表示には、十分なると思います。

損害補償枠組みを、東電が決めるのは、
どう考えても、やっぱりおかしいです。
全国の全ての産業が、東電に賠償補償請求すべきです。
東電の責任を、国や自治体に、うやむやにされないように。
Posted by ベビーカーで取り囲みましょう!さん at 2011年10月09日 22:59
それよりもっとすることあるんじゃないの?
Posted by みさこ at 2011年10月10日 02:26
勿忘草2さんのコメント素晴らしいです。本当に周りどれほどの影響がでるか出た後に気付いても遅い。知らなかったでは話にならない。
Posted by tomomi at 2011年10月10日 12:15
ちょっと荒いコメントだったにも関わらず、真剣に受け止めていただいてありがとうございます。

でも、ほんとうに、本当に私は心のそこから、原発をなくすことの本質をみんなで考えたいのです。

原発いらなーと叫ぶのは簡単です。

私たちは、実は自分の生活を変えたくはないのです。

私たち家族は、自分たちで山の中に家を建てて、最小限の電力を買って、井戸水と薪で生活していました。
なぜか?原発をなくしたかったからです。
それが子供たちに親として示せる償いでもありました。でもある日突然、放射能が降ってきてすべての生活をなくしました。

なんてことでしょう。

20年の間、脱原発をたくさんの人に理解してほしいといろいろな活動に関わってきました。

私たち以上に本当に一生懸命、原発をなくすために活動してきた人たちもたくさん見てきました。

でも、興味を示す人は本当にわずかでした。
なんとなくわかってはいても、自分の生活を変えることはいやなんです。
オール電化がはやればやはりそれに飛びつくほうが楽なんです。

そこをぜひわかってほしい。だから、原発なくせ!と叫ぶ前に、「ごめんなさい」なんです。自分たちのこれまでのことを振り返らなければまた同じことの繰り返しです。

企画者の皆さん、参加者の皆さん、もう一度、ご主人やお友達とよく話し合ってください。本気で原発をなくしたいのか。

「原発はなくしたいけどうちの旦那の仕事ななるのは困る。だから、やっぱり今のままでしょうがない。」という人もたくさんいるはずです。私たちが変えなければいけないのはまずそこなんです。

大きな権力に飲み込まれながら私たちは生きてきました。、でも今、子供たちの健康が脅かされている、こうなったら女たちは黙っていられない。

でも社会を牛耳っている男たちは、「今さらそういわれても。。。原発作れば怒られるし、かといって、給料もらってこないとまた怒られるし」というのが本音でしょう。

「男たちよもう、原発からでるお金は家に持ってこなくていいよ。私が何とかします。」
とがんばった男たちに言ってあげましょう。
これが本当の女の覚悟です。

そうすれば、社会は安心して原発をなくすことができるでしょう。

心をひとつに。
Posted by 勿忘草3 at 2011年10月11日 03:39
ブログ管理人です。

★勿忘草3さま

まさに、問題の本質を突くコメント、
ありがとうございます。

まず自分が変わる決意。

原発から自立した生活をする覚悟。

特に原発給与を得ている家庭では、
そこが問われていると思います。

わたしは脱原発運動に関わりながら、
家庭のダウンアンペアをすることくらいしか、
できていませんでしたが、
今回の震災後に、
我が家にはもっともっと、
省エネできる部分があったことに気付かされました。

「自分はできている」「もうやっている」と思わないで、
もう一度、自分のライフスタイルを見直していこうと思います。

自分は変わることができる、
その決意を持って、このアクションに参加したいと思います。
Posted by おんな100 at 2011年10月11日 10:50
人には色々な事情や家族構成があり、簡単に口に出すのは、
大変失礼だとは思いますが、
どうかどうか、大好きな福島の同胞の人たちよ。
女・子供は、特に大事を取って、隣県や北や西方に避難して下さい。

放射性核種は、風や台風で再浮遊したり、30以上の核種の、
今後の変化が予想つかず、県内の測定も、進んでいません。
後で、避難不必要だったね、という結果になるように祈っていますが、
現時点で、誰も、福島県在住の安全性を100%請け負う経験がありません。

どうかどうか大好きな福島県民の方々。
大事を取って、今からでもしばらく
見えない津波から、避難していただけませんか。

曾祖父母のふるさと、
大好きな福島中道りの人々よ。どうぞご自愛ください。
多分、聞きたくない言葉を書いてしまい、
ごめんなさい。
脱原発!

ブログオーナー様へ
コメント表示されなくていいですよ。
この良き運動が、皆様の成功と幸福に繋がりますように。
心より祈っています。
Posted by 親愛なるふるさとの人へ at 2011年10月11日 17:10
「親愛なるふるさとのひとへ」さんのコメントを拝見して、どうしても言いたくなりました。
本当にその通りだと思います。福島のお母さんと子供たちにまず避難してほしいです。
首都圏で暮らす私がそう言うと、「高みの見物」と受け取られそうでいやなんですが、
福島にとどまって放射能と戦うのはあまりにも危険、分が悪すぎると思うのです。
「故郷を捨てた」と誤解されて周囲から村八分にされても、日本はそんなに狭くないですよ。
どこに行っても、その行動を理解して支援の手を差し伸べる人たちが出てくるはずです。
まず自分の身を守らなければ、倒れた同胞を助けられないではないですか?
どうぞご一考を!
Posted by 田口美奈子 at 2011年10月12日 12:28
県外参加で参加させていただこうと思っておりますが

本文中の「革命前夜みたいです〜+絵文字」は軽率だと思います。

あまりに軽率だと、参加を躊躇します。


Posted by 金子朋代 at 2011年10月12日 21:23
ブログ管理人です。

金子さま

大変失礼いたしました。
テキストは削除させていただきました。
少しでも元気を出そうと、
少々軽率な文章を書いてしまいました。
気をつけたいと思います。
Posted by おんな100 at 2011年10月12日 23:01
>それから、参加者の中にはご主人が何らかの>形で原発に関わる仕事をされている方もたく>さんいるはずなんです。東芝、日立、三菱、>だけでなく多くの下請け。座りこむ前に、ご>主人に、仕事をやめてくださいといわなけれ>ばならない。これも、原発をなくすというこ>とです。

廃炉に向けて、炉のお世話をするのもこの人たちなので、すぐ「辞めて」というのもいかがなものか・・・
Posted by MK at 2011年10月13日 12:47
これまで動かして来たものをすぐに止めることはできないかもしれない。 けれども、止める決断を今すぐすることは可能で それが今私たちがやらなくてはならない大切なことだと思います。
全面的に賛同します。
経済省の植込みの放射線濃度が高いと、どなたかのツイッターで読んだことがあります。
事前のリサーチをして どうかお体に気をつけながらがんばってください。
           POCO凸凹BAND
Posted by POCO凸凹BAND at 2011年10月22日 03:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。