mail to 「福島の女たち」の連絡先は onna100nin★yahoo.co.jp(★を@に変換)です。

2016年11月21日

インドの新聞に掲載!「福島の女たちからモディ首相への手紙」


「福島の女たちからモディ首相への手紙」

ナレンドラ・モディ首相へ

私たちは、2011 年 3 月 11 日に、前代未聞の大事故を起こした、東京電力 福島第 1 原発がある福島県に住む女性たちです。

この事故により私たちの人生は、大きく変わりました。家を奪われた者、 仕事を奪われた者、ふるさとや友だちを奪われた者、将来を奪われた者、 人生の楽しみを奪われた者、そして命を奪われた者と様々です。

原発事故から 5 年半が経ちますが、事故は収束していません。放出され た放射性物質は、まだまだ私たちの周りに存在します。国は帰還を進めますが、沢山の人々が子どもたちの健康を考え、元の家に戻ることはできないと考えています。現段階で、福島県だけでも 174 名の子どもたちに甲状腺がんが見つかっています。これからの多岐にわたる健康被害もとても心配です。

原発事故の責任を問う裁判は、まだ開かれておらず、事故の原因、過失の有無、対応の妥当性についてはまだ明らかにされていません。今、各地の原発の再稼働が問題となって、裁判でも争われています。高浜原発 のように、運転を差し止められている原発もあります。

そのような状態で、日本が他国に原発を売ろうとしていることをとても恥ずかしく、残念に思います。インドでも同じような事故が起きたらと思うと、心配でなりません。私たちは、世界の誰にも私たちと同じ体験をしてほしくはありません。

モディ首相
一度福島の姿を見て下さい。破壊された原子炉、人が住むことができず廃墟のようになった町、山と積まれる放射性廃棄物、そび えたつ焼却炉、子どもたちが外ではなく屋内で遊ぶ姿・・・。福島の現実を見た上で、原子力協定について考えて下さい。

原発は国民を幸せにはしません。この原発事故の被害にあった私たちはそのことを身を持って理解しています。

モディ首相
インド国民とインドの未来のために、どうか日印原子力協定を結ばないで下さい。賢い判断を強くお願い致します。

2016.10.28
原発いらない福島の女たち

posted by おんな100 at 14:42| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女カレンダー、東京新聞に掲載されました。

sc0021.png


 脱原発を訴える女性団体「原発いらない福島の女たち」が、二〇一七年版カレンダーを販売している。東京電力福島第一原発事故から五年が過ぎた一六年の活動を写真で伝えている。

 表紙は色鉛筆調の柔らかなタッチのイラスト。女性たちが「原発バイバイ」と声を上げる様子が描かれている。今年は原発の再稼働が相次ぎ、メンバーは各地のデモや集会に参加し、写真を撮った。三月に大津地裁の差し止め仮処分決定で3、4号機が運転停止した関西電力高浜原発(福井県)のほか、九州電力川内(せんだい)原発(鹿児島県)も訪れて、再稼働への抗議を続けた。

 四月分では、沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する運動に参加した際の写真を紹介。福島も沖縄も「“国策”という美名のもとに犠牲を強いられている」と、一文を添えた。

 巻末では「すれ違う想(おも)いの中で」と題し、依然として解決していない福島第一原発の汚染水処理問題などの「異常」事態が、事故から六年目となって「日常」になってしまったことへの不安と疑問をつづった。

 メンバーで福島県郡山市の黒田節子さん(66)は「カレンダーを見るたびに、原発事故の被災者の苦しみが今も続いていることを思い出してほしい」と訴えた。

 カレンダーは縦十八センチ、横二十一センチで、一部千円。売り上げは活動費にあてる。問い合わせは、黒田さん=電070(5018)7478=へ。 (小川慎一)


続きを読む
posted by おんな100 at 14:38| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする