mail to 「福島の女たち」の連絡先は onna100nin★yahoo.co.jp(★を@に変換)です。

2016年07月16日

7・11伊方原発再稼働阻止共同アクション開催されました。

「伊方原発再稼働阻止」のための愛媛の女たちと原発いらない福島の女たちの共同アクションが、7月11日に開催されました。
page20160711.jpg

今月26日にも伊方原発の再稼働が予定される中、何かもっとできることはないか、できることはすべてやっていきたい、そんな思いだけが空回りしていた。これまで何回か会っている愛媛の女たちの顔を思い出し、「何かやろうよ」とダメ元で誘ってみた。女たちのノリはたいがい期待を裏切らない。一挙に決まった東京での抗議行動を報告します。

選挙の翌日だったから「寝不足まなこ」で参加した福島の女たちだった。

経産省前テント10時集合。同時刻、伊方ゲートでは再稼働前の最後になるかもしれない座り込みがされていたので、これに連帯する意味もある今日の共同行動だ。まずは経産省へ。担当職員が要請文を受け取りに門前まで出て来ることはなく、守衛が受け取ることさえもない経産省は、電話で「郵送で送って」の一点張りの対応だった。そればかりか、途中でガチャンと電話を切られてしまった。人間離れした冷たい仕打ちに唖然とする。そんなに「女たち」がコワイの?

美鈴さんは、あの時、なんと1時間以上も電話でのやり取りを門前でねばった(写真)。しかも、ごく丁寧&マイペースな愛媛弁は、私らがストップをかけなければまだまだつづく気配。オオモノだなィ。隣で電話音声をマイクで拾おうとしていた私は、感心して聞いていた。伊方の女のしなやかさ、したたかさは半端ではない。この間、暑い中、歩道で待機していた人たちには長い時間だったろうと心配したが、おしゃべりもできてリラックス、結構楽しんでいたヨと。さっすが〜、逆境をも楽しむ女たち。期せずして、ここでの攻防が今回のハイライトの一つになったのではないかと感じている。

次いで新橋駅前で街頭アピール。手書きチラシの裏は「髪を逆立て、まなじりを上げて、鬼ともなった母たち」のあの友禅染絵を全面に入れた。女たちの訴えは雑踏の中でどれほど届いただろうか。何人かから「私も原発は反対してるよ」と声がかけられた。昼食は日比谷公園内の茶店で。チャンゴde交流も木陰でホッとひと息(写真)。

夕方からは、衆議院会館の菅直人議員事務所を訪問。全員入れるとは思っていなかったが、約束時間までそこに行った24人全員が会議室に入って1時間以上、菅さんと話し合うことができた。伊方で1戸1戸廻って得たアンケート集めとその結果、311事故直後のこと、避難の権利をなどなど。

休む間もなく、四電東京支社抗議行動へ合流。すでにたくさんの方が集まって盛り上がっていた。フクシマを訴え、四電への要望書を読み上げる。チャンゴ隊再び登場。ここでも、たまたま辺野古から上京していた旧友と待ち合わせし、彼女はオキナワを報告してくれた。相変わらず淡々とした物言い、しかし、沖縄の熱い闘いの様子を。集会はいつもより時間を長くとり、夜8時頃まで続けられた。「伊方原発再稼働するな!」
■一応、女たちの711も四電前にて無事終了。部分的な協力も含めると100人近くの参加。暑い中での終日行動、炎天下付き合ってくださった方々、見えない支援を裏方で担ってくれた友人たち、言葉を交わす間もなかった多くの皆さん、ありがとう!言い表せない感謝の気持ちを込めて。
ツラツラ考えます。一人の人間の動きなど、時空の流れの中で、ほんの、ほんの一粒のものでしかない(あるいは一粒でさえもない)という自覚と、けれども、今も昔も人間らしく生きるための無数の抗いがあり、それに自分もきっと繋がるものとして想像すること。あきらめない、あきらめなくてもいいとは、多分そこからくるものではないか。

ンチタイム交流会の写真を見る。どの顔も笑っているステキな一枚だ。愛媛の女たちのまっとうな、あくまで礼儀正しい門前での抗議を思い出す。自然と顔の筋肉がゆるむ。
北海道、福島、鹿児島、沖縄、、今回の選挙では、たくさんの笑みがあっただろう。都知事選も1本化した。高浜3・4号機大津地裁判決、すばらしい。地域から上がった狼煙(のろし)()が「あぶり出し文字」をついに浮き上がらせる、というイメージはどうだろうか。ジワ〜ッと見えてくる文字は「伊方ストップ」か「全原発即時停止」か、それとも…。(節子)

以下、要請文を掲載します。




要請書

2016年7月11日

四国電力株式会社取締役社長 佐伯勇人 様


「原発いらない福島の女たち」

■本日、伊方原発の再稼働に反対する愛媛の女たちと「原発いらない福島の女たち」の共同行動において、福島からは以下の要請をする。

■福島第一原発事故は、5年以上たった今でも何一つ解決していないどころか、福島に留まる者も避難した者もさまざまな困難の中を生きていることを社長はご存知か。「原発事故さえなかったら」と書き残して亡くなった農家の苦しみのその一片でも、同じ人間として想像し、知ることを貴方に求めたい。奪われた大自然からの恵み、見えない不安や経済的な困窮、コミュニティーの分断などから精神疾患が急増している。自死も被災三県の中で最も多く、さらに増え続けている。また、放射能汚染によって生業を奪われた人たちは、除染や廃炉作業などの被ばく労働に就かざるを得ない状況にある。

今後何世代にも渡って放射能汚染が残ってしまうが、私たちの苦渋も続いている。

■フクシマは今、放射能汚染と被ばく問題の矮小化・被害者切り捨て政策があらゆる面で進んでいる。先日(6/6)第23回「県民健康調査検討委員会」の報告では、甲状腺がんの悪性その疑いがついに172人にも達した。他にも、北茨城市の独自調査では3人の子どもに甲状腺がんが見つかるなどしているが、国や県はいまだに原発事故との因果関係を認めていない。より広範囲で、より丁寧な健康調査が不可欠だ。被ばくを回避するためのあらゆる施策をとり、保養の制度化、生涯に渡る医療費の減免など「チェルノブイリ法」に学んだ被害者支援法を早急に作るべきである。

■フクシマは今、避難の権利、子どもたちを安全なところで教育を受けさせる権利が剥奪されている。避難指示解除と帰還政策が、強引に巧みに薦められている。来年3月の住宅補償打ち切りは非情な施策であり、強い憤りを持つ。被害者には安全な生活が補償されなければならない。これは普遍的・基本的な人権の問題である。私たちは憲法25条の生存権を犯されている。生存権とは人間が人間らしく当たり前に生きる権利のこと。私たちと私たちの子どもたちは、この生存権さえ奪われ続けている。

■未来に渡る甚大な被害があり、今も空や海には大量の放射性物質が漏れ出し続け、収束の目途すらついていない。事故原因も徹底解明されていない中で、なぜ伊方原発再稼働か。国も県も原子力規制委員会も東京電力も全くの無責任態勢、最終の責任はなすり合う関係で成り立っている。フクシマを経験しながら、しゃにむに再稼働に突っ走る姿は、人間の命・自然界の全ての生命を冒涜、ないがしろにし「原子力マフィア」とつるむ悪徳電力会社として歴史に大きな汚名を残すことになるだろう。


私たちは、原発事故によって苦しむ人びとをこれ以上増やしたくない。犠牲の上にしか成り立たない原子力発電を拒否する。すべての命を大切にしたい。


直ちに以下のことを決断していただきたい。


< 要請内容 >


伊方原子力発電所の再稼働をしないこと


以上について、2016年7月22日(金)までにメールで回答してください。



posted by おんな100 at 14:49| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする